臨床美術を広める活動をしています。

臨床美術とは、1996年に埼玉の彫刻家が医者やカウンセラーと協力して「創作活動による認知症の改善」を目的に研究、開発を始めた芸術療法です。

描いた作品から分析や診断をするものではなく、五感を使って創作活動をすることによって脳を活性化させたり、精神面に良い影響を与えるという考えが特徴です。


すいかのにじみ絵

初めは、認知症の改善が目的でしたが、実践を重ねるうちに、子どもの感性教育や、障がいを持つ方や精神疾患の方へなど多方面での実践研究が進むようになり、現在では高齢者や障がい児のデイケア、学童保育、社会人など、さまざまな現場で臨床美術を実施しています。


アートで脳を活性化

描くこと、創ることが身近になると、作品を通して家族間のコミュニケーションも活発になり、発想が豊かになります。発想が豊かになると日常生活に観察と工夫がもたらされ、心がイキイキとしてきて、生きる意欲が湧いてきます。
臨床美術の現場では、そんなポジティブサイクルを目指しています。



このページの先頭へ