臨床美術士の方へ

制作の様子

臨床美術・彩球(さいたま)は、臨床美術に興味がある人の窓口だけでなく、臨床美術士の活動サポート・モチベーションアップのための活動もおこなっています。


現在彩球のメンバーは20名。現場で人手が足りない時にサブスタッフをお願いしたり、またはお手伝いに行ったり、作品展やイベントを企画したり。アトリエで月に1回例会と勉強会をおこない、現場の相談、息抜きの場として風通しの良い空気を心がけています。

臨床美術・彩球(さいたま)の目的3本柱


臨床美術士の活動をサポートしています。


月に1回例会・アートプログラムの勉強会をおこなっています。
例会では各々の現場の報告やイベント企画の持ち込み、成功例・失敗例や効果のあった情報などを交換、共有しています。勉強会では季節にあったプログラムを実施し、スキルアップを図ったり、2級の人はプログラムの開発を協力しておこなうことができます。
また、不定期ですが臨床美術士による交流会「しゃべり場」を開催し、日頃の現場でのことや疑問に思ったことなどを話せる機会を設けています。こちらは臨床美術士であれば彩球メンバーでなくとも参加可能。開催日はイベント情報でお知らせします。


アトリエを活用することができます。


アトリエ彩球(さいたま)には臨床美術に関する書籍を置いています。他にも現場の参加者や他の臨床美術士が造った作品等も展示しています。自分の創作活動に参考にしてください。
アトリエ彩球では定期的に臨床美術作品展を開催しています。ご自分の現場の作品を展示したり、自分の作品も展示することでアーティストとしての活動、モチベーションの維持につなげていきます。
また、アトリエではアート塾もおこなっていますので、集客からアート塾の運営現場にかかわることもできます。


個々のアーティスト活動を支援しています。


彩球(さいたま)を通して、個々のアーティスト活動の告知ができます。個展を開いたら他のメンバーが遊びに行ったり、ワークショップを手伝ったり。臨床美術を通して、つながりを広げていくことができるでしょう。


制作の様子

会費について

以下の会費を活動費にあてています。
年会費:6000円(1ヶ月500円×12ヶ月分)
勉強会参加(月1回):会員1回500円 会員外2000円

※彩球会員外の方の勉強会への参加は実施日等お問い合わせください。この勉強会はアートプログラムの内容を皆で深く掘り下げることを目的としています。プログラムをご自分の現場で実施する際には別途プログラムをご購入ください。
お問い合わせはこちらから


臨床美術・彩球への入会をご希望される方へ


迷われている方は、一度例会や勉強会、しゃべり場などに遊びにいらしてください。本会の趣旨に賛同いただけましたら、入会申込書をご記入の上、会費と一緒にご提出ください。入会は毎年4月におこなっています。

このページの先頭へ