臨床美術・彩球(さいたま)について

勉強会の様子

十人十色、彩り豊かな「彩(さい)」と、臨床美術を地球規模に広げて大きく包み込むという思いを込めて「球(たま)」。埼玉近県に住む臨床美術士が集まり、彩(さい)球(たま)の2文字を組み合わせて、2012年4月に臨床美術・彩球は発足しました。

彩球の臨床美術士メンバーは高齢者施設や障害のある方、学童クラブ、放課後スクール、乳幼児施設、アートイベントなどさまざまな場所で臨床美術を広める活動をしています。

いつでも臨床美術に会える場所
アトリエ彩球

臨床美術発祥の地・中浦和に「アトリエ彩球(さいたま)」はあります。すぐ隣には別所沼公園のある自然豊かな立地。ここでは一般の人にも広く臨床美術を知ってもらおうと、定期的に作品展や臨床美術による体験講座、アート塾を開催しています。


アトリエ彩球アート塾

アトリエ彩球では臨床美術によるアート塾を開講しています。うまいヘタにとらわれず、自分らしい表現をすることを目的として、初心者の方でも楽しめるよう臨床美術士がサポートします。
→アトリエ彩球アート塾

アートの公園

遊びの中にアートがある。遊びから生まれるアート。普段家では出来ない絵の具などで大画面のキャンバスに思いっきり描けます。親も子もそれぞれ楽しめます♪開催日はイベントカレンダーでお知らせします。


臨床美術作品展

定期的に臨床美術作品展を開催します。どんな作品を作るのか、一度実際に見て、触れてください。作品展ではワークショップも開催しています。

出張講座

各団体主催のイベントや施設で、臨床美術ワークショップをおこなっています。




このページの先頭へ